トヨタホームとうほく株式会社のホームページへ移動します トヨタホームとうほく株式会社のホームページへ移動します
トヨタホームとうほく株式会社のホームページへ移動します

Sun Bless NEO
「未来の暮らし」
はじまる
LCCM住宅&V2H

「未来の暮らし」が、
ここからはじまる。

トヨタウッドユーホームのSunBlessNEOが、
人にも環境にもやさしい
理想の住まいを実現します。

「新しい時代にふさわしい住まいづくり」という私たちの挑戦が今、ひとつの実を結びました。

V2HとLCCM住宅。

私たちが50年にわたり築きあげた
木造2×4工法の優れた品質と先進技術の融合。
毎日の暮らしに、地球の未来に、
大きな安心と安全を約束するこの家は、
トヨタウッドユーホームだからこそ実現しました。
一足先に未来が来たこの家で、
新しい暮らしがはじまります。

LCCM住宅

LCCM住宅、それは究極のエコ住宅。
排出されるCO2よりも多くのエネルギーを生み出すことで、
CO2の収支をマイナスにする、
持続可能なサイクルを持った住宅のことです。

ZEHを
超える

来たるべき未来、
CO2 < 0の社会

Welcome to Future

ZEHは年間の一次エネルギー(※)消費量の収支をゼロとする家であることに対し、SunBlessNEOは、排出されるCO2よりも多くのエネルギーを生み出すことで、CO2収支をマイナスにするというLCCM住宅です。
ゼロを超えてマイナスへ向かう、新しい未来のカタチ。

※一次エネルギー=日々の暮らしで排出されるCO2

Sun Bless NEO

それは、これまでにない
高い水準の
環境性能を備えた
省エネ住宅

地球規模の温暖化対策を求められる現在、日本の最も重要な政策課題の一つがCO2排出の削減です。
政府はこれまでの様々な省エネ・省CO2対策をより強化した政策として、住宅のライフサイクル全般にわたるCO2の排出量をトータルでマイナスにする「LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)」を提唱し、推進しています。
IBEC(アイベック/建築省エネ機構)による厳しい審査で認定される「LCCM」は、これからの持続可能な低炭素化社会に向けた、最終的な目標であり「究極のエコ住宅」といえます。
トヨタウッドユーホームの「SunBlessNEO」仕様モデルハウスは、厳格な審査によりLCCM住宅の認定を受けました。

究極のエコ住宅へ

Welcome to Future

住宅を建てる、その家で暮らす、やがて解体する。
その「住まいの生涯(ライフサイクル)」を通じて生み出されるCO2を高効率設備や断熱性能等による省エネルギーによってできるだけ抑え、太陽光発電等による創エネルギーによってマイナスにする。SunBlessNEOはそのライフサイクルによって生涯を送る住まいです。

CYCLE

Sun Bless NEO

それは、「創エネ」+「省エネ」で
実現する未来の暮らし

太陽光発電によりエネルギーを創りだすとともに、高効率住宅設備
の設置や建物の基本性能を高めることで省エネを実現し、
CO2排出量をゼロ以下にします。

創エネ太陽光発電

高効率単結晶タイプを使用し、
電気を効率よく作り出します。

省エネ高効率住宅設備
  • ■LED照明

    消費電力が少なく、電球の替えのサイクルも長いので省エネ。

  • ■エアコン

    AI搭載など、効率的な温度管理を可能にするエアコンを採用。

  • ■エコキュート

    給湯器は「エコキュート」といった高効率タイプを採用。

省エネ高断熱高気密仕様
  • LCCM住宅UA値=0.4W/m2K

    ZHE基準をも上回る断熱性能で、
    さらに省エネ。

    ※SunBlessNEO 躯体・開口部仕様:206壁、高性能ハイブリットサッシ+トリプルガラス(アルゴンガス入り)

    ※UA値は案件により異なります。

2050

持続可能な社会への
第一歩

Welcome to Future

ゼロ・エミッション。
それは廃棄物を原材料などとして、有効活用することにより、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会システムのこと。
日本は2050年までに建築物のゼロ・エミッション化(ストック平均)を目指しています。
2050年にはCO2排出量が80%削減した低炭素社会へ。
SunBlessNEOはその未来に向かいます。

Sun Bless NEO

それは、ライフサイクル全般で
CO2排出量を
ゼロ以下にする住まい

住まいのライフサイクル

V2H

「クルマ(Vehicle)から家(Home)へ」を意味するV2H。
太陽光発電で創った電力で電気自動車を動かし、
電気自動車に蓄えられた電力を家庭で使う。
住まいの新しい可能性として注目される技術です。

4日目

停電時にも
変わらない暮らし

Welcome to Future

大規模災害などで外部からの電力供給が停止。
復旧の見込みは不明。
そんな万が一の時でも、SunBlessNEOであればEVやPHVなどの電気自動車にあらかじめ貯めておいた電気を使用することができます。
また、日中の太陽光発電は災害時でも通常通り機能します。
昼間はその電力を使用し、余った電気を電気自動車に貯めておけば、夜間に必要な電力を確保することができます。

Sun Bless NEO

それは、いつでも「いつも」の
暮らしが送れる住まい

外部からの電力がストップしてしまうと、家庭内の分電盤がダウンしてしまい、太陽光発電の電力も自由に使えません。
V2Hなら、クルマからの電力で分電盤を起動。
太陽光パネルの電力をフルに活用できるので、いつもと変わらない暮らしをサポートします。

災害などの非常時にV2Hで分電盤を起動

エネルギー消費を
ゼロに

Welcome to Future

普段消費している電気は、わが家で創った電気と蓄えた電気で。
暮らしのエネルギー消費を、創り出した電気で効率的に使用してゼロに。
非常時でも、普段通り電気を利用できることで、ストレスと不安をゼロに。
「いつも」をお得に、「もしも」も安心に。
SunBlessNEOは、そんな新しい日々を目指します。

ZERO

Sun Bless NEO

それは、暮らしのエネルギー消費と
非常時のストレスをゼロにする住まい

クルマに蓄えた電気を日中の電力使用のピーク時に活用。
安い夜間の電力でクルマを充電し、割高な電力の使用を可能な限り抑える。
「いつも」の電気代をお得に節約します。

電力消費ピーク時にクルマから給電

自給自足

光熱費とクルマを
自家発電で

Welcome to Future

太陽光発電によって創り出した電気を電気自動車に。
自家用車を動かすだけでなく、自家用車を「蓄電池」としても活用できるV2H。
将来的に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が終了したとしても、充電していた電力を家庭での消費に回すことで、暮らしのコストを抑制できます。
わが家で発電した電力を光熱費としても、燃料費としても効率的に活用します。

Sun Bless NEO

それは、エネルギーを自給自足
する暮らし

電気料金が割安な深夜電力を、お休み中にクルマへ充電。
V2Hを使えば、普通充電の約半分、およそ80分程で充電が可能です。
手軽に充電できるので、使い勝手が大幅にUPします。

※普通充電設備:3kWと本製品の充電出力電力との比較による。
※充電時間は、契約電力や家庭での電力使用状況、および車両の充電率によって異なります。
※上記はプリウスPHVの場合。

深夜電力をクルマに蓄電